豊島区のスマイルユウが行ってきた施工事例の詳細ページです。陸屋根や屋上などの実際の写真や工事内容をご覧頂けます

  • 無料調査見積りはこちら

豊島区長崎 E社 豊島区長崎E社 屋上アスファルトシート防水/ルーフウレタン密着防水

屋上・陸屋根 所在地 豊島区長崎 建物構造 鉄筋コンクリート 築年数 14年
工事履歴 無し 費用 339万円 工期 12日間
工事箇所
施工方法 屋上:アスファルトシート防水トーチ工法 ルーフ:ウレタン密着工法
工事詳細 1.バイオ高圧洗浄 2.笠木一時撤去 3.立上りシート防水撤去 4.下地調整 5.新規防水施工 6.笠木設置

工事内容詳細

屋上 施工前

屋上 施工前

施工前の屋上は、アスファルト露出防水で出来ています。平場は脆弱部を補修して重ねてシート防水施工が出来ますが、立上りは浮いている箇所が多いため全て撤去して施工します。

ルーフ 施工前

ルーフ 施工前

施工前のルーフは、平場はアスファルト露出防水と押えコンクリート、立上りはアスファルト露出防水で出来ています。新規防水施工では平場、立上り共にウレタン防水塗膜を塗るため、平場は脆弱部補修、立上りはシート防水を全て撤去して施工します。

笠木脱着

笠木脱着

バイオ高圧洗浄で各防水層の汚れを落とし、立上りシートを撤去するため、笠木は取り外します。新規防水施工が終わり次第、元の場所に設置します。

屋上 立上りシート撤去/下地調整

ルーフ 立上りシート撤去/下地調整

立上りシートを全て撤去します。撤去後、屋上はアスファルト活性剤、ルーフは樹脂モルタルを塗って下地を整えます。

屋上平場 アスファルトシート防水トーチ工法

屋上平場 アスファルトシート防水トーチ工法

必要な下地処理が終わったら、防水施工に入ります。屋上は、新規アスファルトシートをその裏面とアスファルト活性剤が塗ってある下地をガスバーナーで熔かすように炙って張ります。この時に、下地調整前に交換した改修ドレン部分が見えるように張ります。

屋上立上り アスファルトシート防水トーチ工法

屋上立上り アスファルトシート防水トーチ工法

立上り付近のような角には強度を高めるためシートを増し張りを行います。立上り付近にアスファルト活性剤を新たに塗ってシートを張ります。

屋上 施工後

屋上 施工後

全体に新規シートを張り、笠木を取り付けたら施工完了です。

屋上ドレンまわり 施工後

屋上脱気筒まわり 施工後

ルーフ ウレタン防水密着工法(施工後)

ルーフ ウレタン防水密着工法(施工後)

ルーフは、ウレタン防水塗膜を2回重ねで塗り、最後にトップコートを塗って新規防水層を保護して施工完了です。