鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性能の違い
 防水材の選び方

HOME | 

改修用ドレンのネタばらしと陸屋根の屋上防水工事と雨漏り

改修用ドレンのネタばらしと陸屋根の屋上防水工事と雨漏り

改修用ドレンと聞いて、すぐにわかる方は少ないと思います。
そこでまずは、ドレンとは何か、からご説明させて頂きます。

▶改修用ドレンの取り付け方と既存ドレンの種類
▶屋上防水で改修用ドレンを入れる必要性①
▶屋上の防水工事の改修用ドレンと設置方法
▶屋上の防水改修工事をする際の改修用ドレンの設置方法①
▶鉄骨・鉄筋コンクリート建物の屋根防水・外壁塗装

ドレンとは?

ドレンとは「ルーフドレン」のことです。
陸屋根の屋上防水の一番水下部分に、
黒い「鉄製鋳物」で出来ている、
格子状のカバーが付いている雨集水口の部分になります。

ルーフドレンには様々な種類のものがあり
・形状(タテ型、ヨコ型)
・口径(50~150φ)
・材質
・防水材料や防水工法

などの違いにより、大変多くの種類があります。

ルーフドレン

ルーフドレンの役割

ルーフドレンは、防水層(材)と雨樋を繋ぐ素材で、
防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。

屋上の屋根防水面で受けた雨水は
全てこのルーフドレンに流れていくので、
防水材が劣化していなくても、
ルーフドレンが劣化すれば雨漏りする可能性があります。

またルーフドレンの材質としては、
鉄製鋳物で出来ているのがほとんどで、
そのため錆による劣化が考えられます。

では錆による劣化が
なぜ建物の防水性能を低下させてしまうのでしょうか?

それは、ルーフドレンの部分には
「防水材」+「ドレン」+「雨どい」
の3つの素材がジョイントされており、
その接合部は新しいときはしっかりと着いているのですが、
「ドレン」が錆びるとその双方の接合部が剥離(剥がれる)し、
防水性能が低下してしまい、雨漏りの原因となるからです。

雨どい+ドレン+防水材の接続状況

改修ドレンの構造

防水リフォームは平らな部分の防水をしっかり施工しても、
防水層の端末やルーフドレン廻りをしっかり施工しないと
意味のない工事になってしまいます。

傷んだルーフドレンを補修

そこで、傷んだルーフドレンの上に「改修用ドレン」をかぶせて
錆により劣化した部分をそっくりカバーし、
その部分に防水材を塗ることで防水材との密着性を確保し、
さらに改修用ドレン内に入った水は強化ホースを通して
直接縦樋に流れることで、
防水工事の信頼性と耐久性を合わせ持つことになります。

つまり劣化したルーフドレン部分を
完全にカバーしてしまうのが「改修用ドレン」の役割になり、
防水工事とセットで考える必要があります。

また既存防水層からの雨漏りも
このドレン周辺からが多いのも事実ですので、
ドレン周辺部が防水工事にとって大変重要になります。

但し実際の状況によっては、改修用ドレン設置をする際に
周辺の脆弱部の下処理を適正にする必要があります。
ご不明な箇所やご不安なところがございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。
弊社プロスタッフが詳しくご説明させて頂きます。

改修用ドレン設置の注意点とは?

防水工事において改修用ドレンの重要性は
解ってもらえたと思います。
ではその施工時の注意点を少しお話したいと思います。

注意点その1



改修用ドレンの素材は3mm程度の鉛のプレートと
強化ホースで出来ています。

プレート状の鉛シートを既存のドレンにかぶせて
取付けをするのですが、多少の厚みが増すことにより
ドレン周辺部分のレベルが5mm程度高くなることがあるので、
その周辺の高さ調整(不陸調整)を
しっかりと行わなければなりません。

5mm程度だからと言って甘く考えてしまうと、
陸屋根の水勾配は平均的に1/100程度で1mあたり1cmという
とても緩やかな勾配になっていますので、
水下部が5mm程度レベルが上がっただけでも、
水の流れが悪くなったり、溜まってしまうことがありますので
注意が必要です。

対策としては、ドレンの周辺の広い範囲で
不陸調整を行うことが必要になります。

注意点その2



一般的なドレンの口径(穴)サイズは
100〜75φ程度の大きさの物が使われております。
これは、屋上全体面積で雨を受けて流れる
集水量に見合ったサイズとしています。

建物の形状にもよりますが100屬烹恩捗蠶度が一般的です。
防水改修工事の際に入れる改修用ドレンの口径は
現在の口径より1サイズ小さいものを使用することになりますので
100φ → 75φ
75φ  → 50φ

この程度のサイズまでならまだ影響はほとんどありませんが、
現在ついているドレンの口径が50mm程度のサイズの場合は
さらに30mm程度のとても小さな口径の改修用ドレンを
使用する事になります。

そのため雨水の集水能力が極端に少なくなり、
ちょっとした詰まりで流れを止めてしまいますので不適です。

普通は屋上には50φを入れることはありませんが、
面積の小さいルーフバルコニーなどには
使われているケースもありますので要注意です。

その際は改修用ドレンを使用せずに
ドレン内部の接合部の防水処理を行う必要があります。

注意点その3

防水工事完工後の定期点検になります。
現在の防水改修工事も基本10年保証が付いておりますが、
改修用ドレンを設置した防水工事をしたからといって、
今後10年何もしないで安心ということではありません。

改修用ドレンを設置した防水工事では、
注意点その2で説明した通り口径は1サイズ小さくなりますので、
枯葉や土がたまりやすくなります。

またストレーナーという詰まり防止の格子も
今までの物のようにビス止めではなく、
バー式スプリングを穴に差し込むだけの
簡易固定式ですので据付にも注意が必要です。

▶改修用ドレンの取り付け方と既存ドレンの種類
▶屋上防水で改修用ドレンを入れる必要性①
▶屋上の防水工事の改修用ドレンと設置方法
▶屋上の防水改修工事をする際の改修用ドレンの設置方法①
▶鉄骨・鉄筋コンクリート建物の屋根防水・外壁塗装

要点をしっかり理解した上で改修用ドレンを設置

改修用ドレンは防水工事では必需品ですが、
上記の注意点をしっかりと考慮して工事をすることが大切になります。
また防水工事は完工後の定期的な点検も重要ですのでお忘れなく。

スマイルユウの無料セミナー・相談会
防水工事セミナー防水工事相談会

最新現場レポート
 

大塚 義久 こんにちは、スマイルユウの大塚です。
屋根、屋上防水をお考えの方にお伝えしたいことがあります。
防水工事を検討していくと、いろいろな不明点や疑問に思うことが出てくると思います。
しかし、どのHPサイトを見ても、「こんなに立派な工事をしています」「施工実績がたくさんあります」「是非、お問い合わせください」など自画自賛の内容ばかりではないでしょうか。
あたりまえかもしれませんが、私はそれ以外にも防水工事をお考えの方に知ってほしいことを、このHPコラムを通じてお伝えしたいと思います。
とても大切なお話ですので、防水工事で失敗しないためにも知っていただきたい情報が満載です。
建築の専門家「一級建築士・大塚」が建物を作る立場からの目線で解りやすい内容となっていますので、すべてをお読みください。そして分かりにくい所があれば、私宛に直接メールでも電話でもご質問ください。
防水工事に関するご不安や疑問の解決になれば、幸いです。

防水工事を価格だけで決めないでください。

改修工事での防水施工は、新築時と防水の施工状況が大幅に違います。
防水の種類を見ても、アスファルト防水、ウレタン防水、シート防水、FRP防水などがあり、その種類ごとの中にもいろいろな工法にと種類が分かれております。
その中から建物の状態を判断し適正な工法を選択する必要があります。
当然価格予算を考えながらにはなりますが、最終的には長期の防水工事への信頼性と安心感が得られない
工法はいくら安く工事ができるからといっても先々のことを考えるとお勧めすることができません。

スマイルユウが基準をする防水工事とは

適正なコストダウンをした価格

従来のゼネコン請負体制のような、下請け・孫請け体制ではなく、自社直施工により中間コストを削除、同様に信頼できる品質もダイレクト管理しております。

建物まるごと丁寧な防水診断

防水診断は、防水部分のみを見て判断することはできません。
防水下地や建物構造体から影響をうける場合もあります。
そのため、診断には
一級建築士(大規模建築の設計と管理ができる資格)、
一級施工管理技士(大規模建築の施工と管理ができる資格) を持った技術者が現地の状態を直接見て診断します。

状態、材質にあったご提案

現在の防水仕様と状態を適正に判断し、建物にあった施工方法を検討します。
お手元に新築時の設計図書があればその資料も拝見し、改修工事後も適正なメンテナンスをすることができ、長期的に安心できる防水工事をご提案します。

こだわり職人による施工

適正な価格、診断、施工方法が確立していても、最後は職人さんの技術に施工品質は影響されます。
スマイルユウでは熟練した防水施工班があります。施工技術は官庁工事の経験を持つ職人グループです。

スマイルユウが基準をする防水工事とは
  • 鉄筋コンクリート造と鉄筋造建物の防水性能の違い
  • 防水剤の選び方
  • 改修用ドレンのネタばらし
  • 防水工事のすべてのカラクリ
屋上防水リフォーム

お電話でのお問合せ

受付時間:AM9:00〜PM19:00 0120-948-213

お見積り依頼はこちら

リフォーム工事をお考えのみなさまへ
「絶対失敗しない防水リフォームの見積依頼」
防水リフォームをする前に知るべき適正価格はこれです。

何故、多くに人は防水リフォームに
失敗してしまうのでしょうか?
もう防水リフォームで絶対に失敗してほしくないのです!

代表取締役 大塚義久

見積依頼はこちら
一級建築士にご相談したい方
絶対失敗しない防水リフォーム適正価格の見積依頼です
誰でも安心して防水リフォームをすることが出来る

一級建築士 大塚義久が
長年の防水リフォームの経験から
絶対に失敗しない安心できる防水リフォームを
ご提案させて頂きます。

防水リフォームを考えている方にとっては
確実に安心して防水リフォームをすることが
出来るでしょう。

業界30年の一級建築士が提案する
絶対失敗しない防水リフォームで
防水リフォームに関する不安を解消して下さい。

お電話でのお問合せ

受付時間:AM9:00〜PM19:00 0120-948-213

お問い合わせの流れ

お電話またはお問い合わせページからお問い合わせ

問合せ方法は、お電話・メールどちらでも結構です。
電話の場合は「ホームページを見たよ」と言って頂ければOKです。
当日中に担当者よりお電話させて頂きます。

メールお問い合わせ

ご自宅を見せて頂く日程の調整

どのような箇所が気になっているか。
今回の防水リフォーム工事の経緯、理由など詳細にお聞きし、
実際にご自宅を見せて頂く現場調査の日程を決めさせて頂きます。

現地調査

直接気になっている箇所などを現地で見ながらお話しを伺いたいので
必ずお客様立ち会いで、ご自宅を見せて頂きます。
正確に建物の大きさや仕上げ材なども確認できますので建物図面があればご準備をお願いします。
その他に気になる箇所を全て点検させて頂きます。

工事点検個所
  • ひび割れ
  • 雨漏り
  • 屋根
  • シーリング
  • 防水
その他に調査すること
  • 建物の大きさ
  • 障害物
  • 近隣状況
  • 道路状況

なども一緒に確認させて頂きます。

お見積書と調査書の提出

詳細な見積書と調査書の内容をわかりやすくご説明します。
とくに使用する材料の特性・性能や価格に近いものを納得頂くまで
詳しくご説明します。

お申込み・ご契約

工事内容、価格、施工体制、使用材料、工事日程など
全てにご納得されましたら「ご契約」となります。
後日、工事担当者を交えての詳細の工事打合せを行います。

無料見積り・お問合せはこちら

メールでの無料見積・お問合せ


防水改修で絶対やってはいけない

メルマガ登録はこちら「絶対失敗しないリフォーム」メール講座

改修用ドレンのネタばらし

ビル・マンションのオーナー様へ 防水工事の問題点とポイント

無料見積り・お問合せはこちら

メールでの無料見積・お問合せ

屋根からなぜ雨漏りは発生するの?

陸屋根の防水工事のネタばらし

屋上のメンテナンスは必要?

防水工事すべてのカラクリ

屋上防水はお手入れが大切?

建物の寿命を延ばす防水工事とは

鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性の違い

防水材の選び方

価格について

防水工事は誰に相談すれば良いのか?

初めてのお客様へ

グラウト注入を知っていますか?

問題解決を明確にしてから防水リフォームを

防水工事をこれからお考えのお客様にとても重要なお話です

工事会社選びが「成功」「失敗」の分かれ道

建物には屋根防水以外にも雨水の入り口がある

  • 初めての方へ
  • 価格について
  • お客様の声
  • 施工事例
  • 会社概要
  • 防水工事の基礎知識
  • 屋上のメンテナンスは必要?
  • 防水材の選び方
  • 建物の寿命を延ばす防水工事とは
  • 屋根からの雨漏りはなぜ発生するのか?
  • 防水工事でスマイルユウが選ばれている理由
  • ビル・マンションのオーナー様へ 防水工事の問題点とポイント
  • 「一級建築士」大塚が教えます、防水工事の全てが分かるページ
  • 屋上防水はお手入れが大切
  • 防水工事は誰に相談すれば良いのか?
  • 改修用ドレンとは?
  • 鉄筋コンクリート造と鉄骨造建物の防水性能の違い

リフォーム失敗相談所

求む!採用情報

東京都豊島区周辺で不動産をお探しならスマイルユウ不動産

屋根の塗り替え・外壁塗装をお考えならスマイルユウ


このページのTOPへ