豊島区のスマイルユウが行ってきた施工事例の詳細ページです。陸屋根や屋上などの実際の写真や工事内容をご覧頂けます

  • 無料調査見積りはこちら

文京区水道 Sマンション 文京区水道Sマンション 躯体補修・防水工事・外壁/屋根塗装

屋上・陸屋根 所在地 文京区水道 建物構造 鉄筋コンクリート 築年数 32年
工事履歴 無し 費用 300万円 工期 1ヶ月
工事箇所
施工方法 防水:アスファルト防水トーチ工法 外壁/エントランスひさし:無機フッ素塗料 屋根:シリコン塗料
工事詳細 1.ALC外壁脆弱部印付け 2.洗浄作業 3.外壁ALC面躯体補修 4.外壁ALC面/屋根/エントランスひさし/付帯部塗装 5.屋上既存立上りシート撤去 6.屋上パラペット目地シール打ち替え 7.屋上パラペットウレタン防水密着工法 8.屋上改修ドレン設置/下地調整 9.屋上アスファルトシート防水トーチ工法/脱気筒取付 10.屋上保護塗装 11.屋上押え板金設置

工事内容詳細

外壁ALC面 施工前

外壁ALC面 施工前

施工前の外壁ALC面です。全体的にひび割れ等の脆弱部が多く見受けられます。塗装作業の前に脆弱部を補修する必要があります。

屋根 施工前

屋根 施工前

施工前の屋根です。屋根材自体に褪色やコケが見受けられます。バイオ高圧洗浄でしっかり汚れを落として塗装します。

エントランスひさし 施工前

施工前のエントランスひさしです。雨染みが見受けられるため、バイオ高圧洗浄でしっかり汚れを落として塗装します。

外壁ALC面 脆弱部印付け

外壁ALC面 脆弱部印付け

足場設置後、ひび割れ等の脆弱部に印を付けて塗装前に補修します。

外壁ALC面 高圧洗浄

屋根 高圧洗浄

バイオ高圧洗浄で水高圧洗浄では取れない各施工箇所の汚れを落とします。

エントランスひさし 高圧洗浄

屋上 高圧洗浄

外壁ALC面 脆弱部補修

外壁ALC面 脆弱部補修

塗装に入る前に脆弱部を補修します。事前に付けた印を頼りに、各脆弱部に合わせた補修を行います。

外壁ALC面 脆弱部補修

外壁ALC面 脆弱部補修

外壁ALC面目地 既存シーリング撤去

外壁ALC面窓まわり 既存シーリング撤去

ALC目地、窓まわりのシールを打ち替えるため、既存のシールを撤去します。

外壁ALC面目地 シーリング充填

外壁ALC面窓まわり シーリング充填

撤去跡の溝にシールとの密着性を高めるプライマーを塗り、新しいシールを打ちます。

外壁ALC面目地 シーリング打ち替え完了

外壁ALC面窓まわり シーリング打ち替え完了

新しく打ったシールの形を整えたら、シーリン打ち替え完了です。

外壁ALC面 下塗り

外壁ALC面 中塗り

外壁ALC面 上塗り

外壁ALC面の脆弱部補修が終わったら塗装に入ります。外壁は下塗り、中塗り、上塗りの3回重ねで塗装します。

屋根 下塗り

屋根 中塗り

屋根 上塗り

屋根も3回重ねで塗装します。屋根材が一部劣化していたため、塗装前に補修してあります。

エントランスひさし 下塗り

エントランスひさし 中塗り

エントランスひさし 上塗り

エントランスひさしも3回重ねで塗装します。

付帯部塗装(雨樋)

付帯部塗装(基礎コンクリート)

雨樋や基礎コンクリートは2回重ねで塗装します。

外壁ALC面 施工後

外壁ALC面 施工後

施工後の外壁ALC面です。

屋根 施工後

屋根 施工後

施工後の屋根です。

エントランスひさし 施工後

施工後のエントランスひさしです。

屋上 施工前

屋上 施工前

施工前の屋上です。全体的にひび割れ等の脆弱部が多く見受けられます。脆弱部を補修することで重ねて防水施工が出来ます。

屋上 立上りシート撤去

屋上 立上りシート撤去

立上りは重ねて施工することが難しい状態のため、立上りシートを撤去します。

パラペット目地 シール打ち替え

パラペット目地 シール打ち替え

パラペット(天端)の目地シーリングを打ち替えます。

パラペット プライマー塗布

パラペット ウレタン防水密着工法 1層目塗布

パラペットはウレタン防水密着工法で施工します。

パラペット ウレタン防水密着工法 ウレタン2層目塗布

パラペット ウレタン防水密着工法 トップコート塗布

ウレタン防水密着工法では、防水塗膜を2回重ねで塗り、トップコートで新規防水層を保護します。

屋上 改修ドレン設置~下地調整

屋上 下地調整

改修ドレンを設置し、そのまわりを含む下地をにアスファルト活性剤で整えます。

屋上平場 アスファルトシート防水トーチ工法

屋上平場 アスファルトシート防水トーチ工法

必要な下地処理が終わったら、防水施工に入ります。新規アスファルトシートをその裏面とアスファルト活性剤が塗ってある下地をガスバーナーで熔かすように炙って張ります。

屋上 脱気筒設置

屋上 脱気筒設置

平場の一部に脱気筒を設置し、そのまわりにもアスファルトシートを張ります。

屋上立上り アスファルトシート防水トーチ工法

屋上立上り アスファルトシート防水トーチ工法

立上り付近のような角には強度を高めるためシートを増し張りを行います。立上り付近にアスファルト活性剤を新たに塗ってシートを張ります。

屋上 押え金具取付

屋上 保護塗装

アスファルトシートを張り終えたら、立上りシートを金具で固定し、専用の保護塗料を塗って防水施工完了です。

屋上全景 施工後

屋上パラペット 施工後

施工後の屋上です。

屋上ドレン 施工後

屋上脱気筒 施工後

施工後の改修ドレンと脱気筒です。